通算本塁打の記録は破られることはあるのか

通算本塁打の世界記録を所持ている王貞治さん。
この記録は2014年時点でもいまだに破られていません。

 

今後は、王さんの記録が破られることはあるのでしょうか。
王さんが記録した通算本塁打数は868本です。
したがって、毎シーズン40本ホームランを打っても、22年かかる計算になります。
正直、40本ホームランを打つだけでもかなり大変なのに、それを22年間も持続させないといけないので、これは相当凄い記録だと言えます。

 

ただ、少なくとも投手の通算勝利数記録などよりは、まだ現実的な記録だと言えます。
投手の場合は、昔と違い今は分業制になったので、恐らく金田正一さんの通算400勝は、まず破られることはないでしょう。
しかし打者の場合は、昔よりも試合数も増えていますし、バッター全体の技術も上がっていることから、通算本塁打記録を更新することも不可能ではありません。

 

とは言っても、近年の本塁打記録を見ても、ホームラン王を取っている選手のほとんどが外国人選手です。
日本人選手は、30本塁打打っている選手ですら、ほんのひとにぎりです。
外国人選手が、さすがに20年以上も日本でプレイすることがありえませんから、そうなれば日本人選手に期待しないといけないのですが、
現実ではかなり厳しそうです。

 

いずれにしても、まずはコンスタントで30本から40本のホームランを打てる日本人選手が現れて欲しいです。
そのような選手が20年以上現役を続けられれば、通算本塁打記録も見えてくるかもしれません。