日本の競馬の賞金について

日本の競馬レースの賞金は、世界と比較してもずば抜けて高くなっています。
もちろん単体のレースを見れば、日本よりも賞金の高いレースはたくさんあります。
特にドバイで行われるドバイワールドカップのレースに関しては、世界一の賞金となっています。

 

しかし、未勝利戦やオープン特別など、レース全体を見れば日本がダントツで賞金が高いのです。
例えば日本の未勝利戦の賞金額が、海外の準オープンに匹敵するぐらいの賞金額なのです。
海外のG1レースの賞金額が、日本のレースだと1000万条件の賞金額と同じぐらいということもあります。
それぐらい、日本の競馬レースの賞金は高額だと言えるのです。

 

やはり、日本の競馬は馬券の売上も世界一なので、だからこそこれだけ賞金額を上げることもできるのです。
逆に言えば、馬券の売上が下がってしまい経営がキツくなると、賞金が減らされる可能性も大いにあるのです。

 

一方で、地方競馬は一部のレースを除けば、中央競馬よりも大幅に賞金は安くなっています。
特に、南関東以外の地方競馬では、重賞レースでも1着の賞金が100万円にも満たないケースもあります。
どうしても地方競馬の場合は、馬券の売上が厳しいところも多いので、なかなか賞金を高くすることができず、
むしろ経営を維持するために賞金を削減しなければならないのです。

 

今後、消費税の増税や、娯楽の多様化などで、馬券の売上は地方競馬だけでなく中央競馬も下がってしまうかもしれません。
そうなった時に、どのような対処を取るのか、注目ポイントでもあります。